NY為替:【NY午前外為概況】ドル・円は、112円88銭から113円12銭で推移

2018年1月9日 02:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*02:07JST NY為替:【NY午前外為概況】ドル・円は、112円88銭から113円12銭で推移
 8日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、112円88銭から113円12銭で推移した。ユーロ・円の下落に連れ安となった後、NYダウ下落にも米国10年債利回りが2.48%台まで上昇したことで、ドルの買い戻しに転じた。


 ユーロ・ドルは1.1959ドルまで下落後、1.1982ドルまで上昇し、ユーロ・円は135円13銭まで下落後、135円49銭まで上昇した。利益確定とみられるユーロ売りが先行した。


 ポンド・ドルは1.3536ドルから1.3585ドルまで上昇。英国の内閣改造で主要閣僚が残留したことが好感されポンドが買い戻された。ドル・スイスフランは0.9782フランから0.9760フランまでじり安に推移した。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース