南極、トッテン氷河に溶解リスク

2018年1月5日 16:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 南極のトッテン氷河の下(大陸氷河の底面は海面より数千m低い)に暖かい海水が流れ込む水路が2本あり、氷河の縮小や溶解に影響しているという(AFPWIRED)。

 温暖化で強まる西風が作る湧昇流が関与している。トッテン氷河が全て溶解すれば、地球上の海面が3~6m上昇する分に相当するという。溶解は徐々に進行し、ある時点で急速に(数年程度で)崩壊すると考えられる。その時期は世紀単位の後だろうが、よく分からない。リスクとしては時間の問題で、いつかは起こるのだろう。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
南極の氷河崩壊による海面上昇速度は予想よりも早い 2017年12月02日
南極大陸の融解速度が速まっている 2014年05月22日
南極大陸に隠れていた川を発見 2006年04月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード南極

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース