Intel、次のCPUに「Whiskey Lake」を開発

2018年1月1日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが「Whiskey Lake」と呼ばれるPC向けプラットフォームを開発していることを明らかにした。Whiskey LakeはCoffee Lakeに続いて投入される製品であり、Coffee Lakeと同様14nmプロセスで製造されるという(PC WatchIntelのコードネーム一覧ページ)。

 Intelは以前より10nmプロセスで製造される製品を投入するとしているものの、開発は遅れているという。そのため、その「穴埋め」として投入されるのがWhiskey Lakeとなる。Whiskey Lakeの発表とともに10nmプロセス製品に関するロードマップも変更されており、2018年中に10nm製品が大々的に投入されることはなくなったようだ

 Whiskey LakeのアーキテクチャはSkylakeをベースとしており、計画されている製品は薄型ノートPC向けとのこと。

 スラドのコメントを読む | Intel

 関連ストーリー:
Intel、Radeon GPU内蔵Coreプロセッサを発表 2017年11月08日
Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサを発表 2017年09月26日
過去のチップセットの互換性はないとされていたCoffee Lakeプロセッサ、実は従来チップセットでも動く? 2017年12月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース