セブンイレブン、年末年始限定の迎春紅白スイーツなど5品発売

2017年12月29日 08:29

小

中

大

印刷

「迎春 もちとろ紅白バニラ&みるく」(写真:セブンイレブン・ジャパンの発表資料より)

「迎春 もちとろ紅白バニラ&みるく」(写真:セブンイレブン・ジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「迎春 紅白大福」
  • 「宇治抹茶ババロアくりぃむぜんざい」
  • 「苺の濃厚ティラミス」
  • 「2層仕立てのドゥーブルフロマージュ」

■期間限定で年末年始スイーツを順次販売

 セブンイレブンは27日より、年末年始に家族や友人と楽しい時間を共有してもらう“年末年始限定スイーツ”を期間限定で販売。新年の祝いの席に合う迎春紅白スイーツ2品と数人で取り分けられるシェアスイーツ3品。各1個230円~525円(価格はいずれも税込)。

■年末年始「迎春紅白スイーツ」2品

 「迎春もちとろ紅白バニラ&苺みるく(230円)」 30日~1月3日期間限定

 バニラや苺みるくの味が楽しめる赤と白の洋風大福。赤は相性のよい練乳クリームと苺ソースを、白は口の中でとろける濃厚なバニラクリームをもち生地に包んだ。

 「迎春紅白大福(260円)」 30日~1月3日期間限定

 異なる紅白の風味豊かな北海道十勝産大豆のあんこを杵でついたもち生地で包んだ縁起の良い紅白大福2種。赤はなめらかなこしあんで上品な味わい。白は風味豊かな大豆の粒あんで舌触りを良く仕上げた。
 

■年末年始「シェアスイーツ」3品 

 「宇治抹茶ババロアくりぃむぜんざい(525円)」

 シェアスイーツとしては、わらび餅と白玉、あんこを使った初の和スイーツ。わらび餅と白玉、粒あんを宇治抹茶のババロアの上に盛りつけた。きな粉をまぶした抹茶のホイップクリームときな粉の和の味が楽しめる。

 「苺の濃厚ティラミス(525円)」

 苺シロップを染みこませたスポンジとマスカルポーネムースを、苺味のマスカルポーネムースの上に重ねたティラミス。マスカルポーネクリーム、ココアパウダーをまぶした苺の味が楽しめる。

 「2層仕立てのドゥーブルフロマージュ(525円)」

 ふんわりとした食感のレアチーズムースを濃厚で食べ応えあるレアチーズの上に重ねた。仕上げには細やかなスポンジを細かく砕いたクラムを盛りつけた、2層の異なるチーズの食感が楽しめる。

 いずれも27日~1月2日の7日間限定販売で、直径12cm、高さ7cm(容器サイズ)だ。

■コンビニ大手の年末年始スイーツ販売状況

 コンビニ大手では、ミニストップが26日より、年末年始に向け家族や仲間たちとシェアできるボリューム感ある“バケツ”スイーツや2018年の干支「戌」をモチーフにした正月用カップケーキ、華やかな紅白ロールケーキなど全4品を順次発売している。    (さゆり)

関連キーワードセブンイレブンケーキミニストップ

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース