【銘柄フラッシュ】グローバルダイニングが大引け間際に急伸し愛眼は需給の引き締まりが言われて再騰

2017年12月19日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 19日は、ソルクシーズ<4284>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、SBIグループの仮想通貨取引サービスシステムの構築を支援すると発表済みのため、引き続き米国で仮想通貨の先物取引が開始されたことなどが材料視されて3日連続ストップ高の25.4%高。

 2位はオープンドア<3926>(東1)の12.0%高となり、15日の株式3分割発表に続き、18日に中国最大のオンライン旅行会社との提携発表が好感されて12.0%高。

 3位は愛眼<9854>(東1)の10.5%高となり、東証が19日売買分から日々公表銘柄に指定したため、カラーコンタクトレンズ好調といった買い材料などによって動意を強めてきたところに需給の引き締まりが再認識される形になり出直りを拡大。

 グローバルダイニング<7625>(東2)は14時40分頃になってからいきなり一段高となり、特段、目新しい発表はなかったが、複数の飲食業態でリスマススペシャルメニューやスペシャルコースを開始し書き入れ時との見方があり、あっという間にストップ高の26.4%高。JESCOホールディングス<1434>(東2)はベトナムやスリランカなどでの展開拡大により今8月期の2期ぶり最高益濃厚との見方などが言われ、11時頃から再三ストップ高で売買をこなし、大引けもストップ高の17.8%高。

 ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>(東マ)は18年1月中旬に東京で開催されるクルマの自動運転・電子化・電動化など重要なテーマの最新技術に関する世界最大の展示会「第10回 オートモーティブ ワールド」に出展と発表済みでトヨタ自動車(7203)の全車種に電動タイプを取り揃える計画などが材料視されてストップ高の15.3%高。弁護士ドットコム<6027>(東マ)は業績拡大傾向に加え、もみ合いの煮詰まり具合が良好とチャート妙味が言われて6.9%高と出直りを拡大。

 ジェクシード<3719>(JQS)は12月決算が存外堅調かといった期待が聞かれ後場一段高の22.2%高。ガーラ<4777>(JQS)はスマホアプリ「Winwalk」の英・仏でのサービス開始が材料視されてストップ高の18.4%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース