Windows 10バージョン1709、オプションでOpenSSHベータ版が利用可能に

2017年12月19日 03:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftからのアナウンスは特になかったようだが、Windows 10 Fall Creators Updateではベータ版のオプション機能としてOpenSSHが利用可能になっている(STHの記事BetaNewsの記事Ars Technicaの記事Softpediaの記事)。

オプションとして用意されているのはクライアントの「OpenSSH Client (Beta)」とサーバーの「OpenSSH Server (Beta)」で、「設定」アプリの「アプリ→アプリと機能→オプション機能の管理→機能の追加」から追加できる。追加後はコマンドプロンプトやWindows PowerShellなどのコマンドシェル上で実行可能だ。ただし、実行ファイルのインストールパス(%SystemRoot%\System32\OpenSSH)がシステムのPath環境変数に指定されているため、管理者権限でコマンドシェルを起動するか、パスを指定する必要がある。

Microsoftでは2015年6月にSSHのサポート計画を発表し、同年10月にWindows版のOpenSSHをGitHubで公開した。この際、2016年前半にリリースする計画を明らかにしていたが、その後の進捗状況については発表されていなかった。今回、STHが発見したことで各メディアに取り上げられているが、コマンドヘルプ以上の公式な情報は特に出ていない。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | スラッシュバック | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 Fall Creators Update、一般向けにリリース 2017年10月19日
Microsoft、CodePlexを終了へ。「GitHubがデファクトになった」 2017年04月04日
マイナンバーカードの電子証明書を使ってSSHログインする 2016年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10GitHubCreators Update

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース