仮想通貨を過激派組織ISISに送金【フィスコ・ビットコインニュース】

2017年12月18日 19:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:15JST 仮想通貨を過激派組織ISISに送金【フィスコ・ビットコインニュース】
15万ドル相当(約1700万円)のビットコインとアルトコインを過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に送金したとして、ある米国人女性が最高110年の懲役刑となる可能性に直面しているようだ。

ズービア・シャナズ被告はテロリスト団体を支援するために複数の金融機関から85,000ドル相当以上を詐取し、仮想通貨を購入した疑いで12月13日に逮捕され、詐欺とマネーロンダリングの罪で起訴された。

被告は数多くの金融機関を欺いて85,000ドル以上の不法な収入を得て、ビットコインと他の仮想通貨に変換。その後、ISISを支援するために資金洗浄し送金したと法務省は説明している。

同被告は有罪判決を受けた場合、銀行詐欺罪で最大30年、マネーロンダリングに最大20年の実刑に課せられるようだ。また、デンマークでも、恋人の殺人をウェブサイトで依頼し、殺し屋への報酬をビットコインで支払った58歳のイタリア人の女に、6年の禁錮刑が言い渡されたもよう。

今や「仮想通貨」はある種のブームとなっている。しかし、マネーロンダリングやテロ支援などの不正行為を仮想通貨が可能にすると主張してきたビットコイン否定派は今も存在している。

仮想通貨を利用したネガティブな行動が今後増加してくれば、足元で動向を見極めている各国機関に、規制などの動きを加速させるようなきっかけにも繋がりかねない。《WA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース