東京都競馬は外れ馬券を必要経費との最高裁判決を材料に4年ぶりの高値

2017年12月18日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■超大口の馬券購入が拡大する可能性が開けたとの見方で注目集まる

 東京都競馬<9672>(東1)は18日、取引開始後に6%高の4430円(260円高)をつけて続伸の始まりとなり、2013年以来の4400円台に進んだ。外れ馬券を必要経費として認める最高裁判決が12月15日に下されたと伝えられ、材料視されている。

 報道を総合すると、最高裁で勝訴した案件は、「独自のノウハウで05~10年に約72億7千万円分の馬券を買い、約5億7千万円の利益を上げた(日本経済新聞12月16日付朝刊)男性。一般的な競馬ファンの域を越え、ビジネスとして継続的に投票(馬券購入)していたケースになるようだが、東京都競馬にとっては、超大口の馬券購入が拡大する可能性が開けたことになるとして注目されている。(HC) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース