前日に動いた銘柄 part2:日本電信電話、NTTドコモ、SECカーボンなど

2017年12月16日 08:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:15JST 前日に動いた銘柄 part2:日本電信電話、NTTドコモ、SECカーボンなど
銘柄名<コード>⇒15日終値⇒前日比

東製鉄<5423> 977 -71
ゴールドマン・サックス証券では投資判断「売り」に。

KDDI<9433> 2922 -208
楽天の携帯電話事業参入を引き続きネガティブ視。

楽天<4755> 1025 -59.5
マッコーリー証券では投資判断を格下げ観測。

ディー・エル・イー<3686> 491 -31
過熱感からの利食い売りが継続。

アルヒ<7198> 1308 -30
14日は初値示現後も堅調な動きとなったが。

田淵電機<6624> 322 -10
先週に急伸した分の反動安が続く。

日本電信電話<9432> 5351 -305
ドコモの株安にも引きずられる格好へ。

きもと<7908> 329 -13
高値圏で利食い売り圧力なども強まる。

東ソー<4042> 2414 -108
特に目立った材料は観測されず需給要因など中心か。

NTTドコモ<9437> 2686 -129.5
引き続き携帯電話事業の競争激化を警戒視。

三菱UFJ<8306> 798.5 -11.1
シティなど米金融関連株が軟化で。

SGホールディングス<9143> 2105 -65
上場後の堅調な値動きの反動で利食い売り。

双日<2768> 323 -7
UBS証券では投資判断を新規に「セル」。

日本水産<1332> 616 +16
みずほ証券では目標株価を950円に引き上げ。

ソフトバンクグループ<9984> 8931 -219
引き続き、楽天の携帯電話事業参入による競争激化懸念で。

SECカーボン<5304> 6680 +900
黒鉛電極価格18年は3倍以上にとの報道で。

ミロク<7983> 433 -62
今期は2ケタ減益の予想となり。

オーミケンシ<3111> 127 -12
週前半にかけて急騰の反動安。

ジェネパ<3195> 600 -16
17年10月期業績を下方修正。

フィルカンパニー<3267> 4585 +375
バリュープランニングと資本業務提携。

オロ<3983> 2099 +99
17年12月期業績予想の上方修正や初配実施を好感。

ラクオリア<4579> 1321 +300
導出先AskAtがEP4拮抗薬のライセンス契約。

SAMURAI<4764> 4755 +445
1:10の株式分割実施など材料視。

ハイアス<6192> 1199 -400
17年5-10月期は営業利益24.7%増も市場期待に届かず。

HANATOUR<6561> 2003 ±0
15日IPO。公開価格を10.0%上回る2200円で初値。

SEMITEC<6626> 4800 +525
一部メディア記事でEV関連として人気再燃も。

VisSCOTEC<6698> 17650 +3000
上場3日目。一部証券会社では画像処理検査のエキスパート企業と。

クロスフォー<7810> 1316 -271
17年8-10月期は広告宣伝費増で赤字スタート。《HT》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース