今年の漢字は「北」、首相個人は「挑」と感想

2017年12月15日 04:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 今年を象徴する漢字に12日「北」が決まった。日本漢字検定協会が「今年の漢字」を1995年から行っており、ウエブ投票や投票箱で募集し、最も多かった漢字を「今年の漢字」として、京都・清水寺の森清範貫主が揮毫し発表している。

【こちらも】ビジネス人に聞く、2017年を表す漢字は「乱」 自身を表現すると「疲労」

安倍晋三総理は「北」に決まったことに「北に決まったということは、日本にとっても国際社会にとっても、北朝鮮の脅威というのが大変現実的なものとなった」と語り「差し迫った脅威となった1年間であったということだと思う」と述べた。

 そのうえで、自ら選ぶとすれば「私は、挑む。挑戦の『挑』ですね」と答えた。安倍総理は「少子高齢化という大きな壁に挑む、その挑戦をスタートした年でもあった。また、北朝鮮の脅威、北朝鮮情勢に対する、その脅威に対して国際社会と共に挑んでいく、その1年だったと思う。この国難に挑むために、総選挙に挑んだ年でもあったと思うので『挑』む。その1字がふさわしい1年だったと思う」と振り返った。

 北が選ばれた理由には北朝鮮の脅威のほか、九州北部の記録的大雨、北海道日本ハムファイターズの話題などがあがった。2位以下に「政」「不」「核」が続いた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
今年の世相の漢字 中谷防衛相も発表前に『安』
主婦が選ぶ今年の漢字は「税」、消費増税が家計を直撃
医師が選ぶ「今年の漢字」は「偽」、論文データ改ざんで 2位はあの事件から「徳」
今年の漢字「金」が示す混沌とした1年

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三北朝鮮北海道日本ハムファイターズ

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース