阪大、不正アクセス受け個人情報約7万件漏えい

2017年12月15日 03:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 大阪大学が不正アクセスを受け、教育用計算機システムの利用者69,549件の情報や、学外関係者の個人情報11558件が漏えいした可能性があると発表した日経ITpro)。

 漏えいした可能性があるのは同学教職員および学生、元教職員、元学生の氏名や所属、メールアドレス。また、学生/元学生については入学年度、学籍番号なども漏えいした可能性がある。これに加えて、漏洩したIDを使った不正ログインによって教職員59名のメールに含まれていた学外・学内関係者の氏名や所属、電話番号、メールアドレス等(学内関係者については人事情報や給与情報も)漏えいした可能性があるようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
TOKYO MX、不正アクセスを受けメールアドレスなど約37万件を流出させる 2017年10月05日
信用情報会社Equifaxが個人情報漏洩、インサイダー疑惑もあり米政府が調査に乗り出す 2017年09月15日
米ウォール街のエンジニア、失職を恐れて社内サーバーにマルウェアを仕掛ける 2017年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪大学

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース