トランザスの今第3四半期はVARが増加しターミナルの受注は順調に推移

2017年12月10日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ターミナルの納品時期が第2四半期と第4四半期に集中

 トランザス<6696>(東マ)の18年1月期第3四半期連結業績は、売上高は7億15百万円、営業利益は87百万円、経常利益は79百万円、当期純利益は51百万円で着地した。

 同社は、インターネットと人を繋ぐ最後の終端となる端末(ターミナル)の開発製造とそれらを活用したシステム等をBtoB市場に提供している。

 IoTソリューションサービスでは、売上高の大部分を占めるターミナルの販売は、受注については当初の計画通り順調に積み上がった。しかし、同社では、ターミナルの納品時期が第2四半期と第4四半期に集中する傾向があるため、今第3四半期では、販売パートナーVAR(Value Added Reseller)へのターミナルの納品が少数に留まった。

 今18年1月期業績予想は、売上高12億52百万円、営業利益2億56百万円、経常利益2億43百万円、純利益1億66百万円としている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース