Western Digital、同社製品で採用のプロセッサをRISC-Vに移行へ

2017年12月7日 16:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米Western Digital(WD)が、今後RISC-Vプロセッサを使用した製品に注力していくことを発表した

 RISC-Vの命令セットはオープンソースで提供されており、ロイヤリティフリーで利用できるのが特徴。WDは年間10億個のプロセッサを使用しており、今後の使用量は拡大するとしている。将来的には年間20億個のRISC-Vプロセッサを使用すると見込んでいる。

 それにしてもWDはなぜそんなにやる気なのだろうか? ARMのライセンス料を払いたくないのはわかるとして、プロセッサの内製を狙っているんだろうか? RISC-VはGoogle、Samusung、Huawei、nvidia、Qualcomm等が賛同しているが、大企業が全面的に移行を表明したのは初めてとなる。

 従来、クリーンなアーキテクチャが出てきても、開発費とファブの投資額でx86の牙城を崩せなかったが、ついにオープンなアーキテクチャの時代がやってくるかもしれない。GooleやAppleがスマホにRISC-Vを採用すれば流れが変わると思うのだが、そのような時代はやってくるだろうか。そしてソフトバンクの孫会長の内心やいかに?

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハードウェア

 関連ストーリー:
WD、マイクロ波アシスト磁気記録方式のHDDのデモを発表。2025年までに容量40TB超を実現へ 2017年10月18日
SiFive、RISC-Vアーキテクチャの64ビットクアッドコアCPUをリリース 2017年10月12日
Western Digital、1セルあたり4ビットの記録が可能なフラッシュメモリを開発 2017年07月28日
Western Digital、米国で東芝を提訴 2017年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクGoogleAppleQualcommファーウェイ(Huawei)オープンソースWestern Digital

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース