NY金:小幅高で1266.10ドル、中東地域における地政学的リスク増大を警戒

2017年12月7日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY金:小幅高で1266.10ドル、中東地域における地政学的リスク増大を警戒
NY金先物2月限は小幅高(COMEX金2月限終値:1266.10 ↑1.20)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+1.20ドルの1オンス=1266.10ドルで取引終了。一時1271.00ドルまで買われた。トランプ米大統領はエルサレムをイスラエルの首都に認定したことから、中東地域における地政学的リスク増大への懸念が高まり、安全逃避の金買いが優勢となった。ただ、ユーロ安・米ドル高の相場展開となったことを意識して金先物はやや上げ渋った。なお、米上院は税制改革法案で両院協議会の審議入り動議を可決した。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース