ウィズテック、第8世代Core iシリーズ採用のラックマウントサーバー新発売

2017年12月3日 19:19

小

中

大

印刷

「第8世代Core i7」搭載タイプ。(写真: ウィズテックの発表資料より)

「第8世代Core i7」搭載タイプ。(写真: ウィズテックの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「第8世代Core i5」搭載タイプ。

 ウィズテックは1日、最新のインテル第8世代プロセッサ「Coffeelake(コーヒーレイク)」を搭載した19インチのオープン型ラックマウントサーバーを発売した。

【こちらも】Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサを発表

 新発売となったのは2種類で、Core i7搭載マシンとCore i5搭載マシン。価格は、Core i7タイプが13万8,240円(税込)、Core i5タイプが23万4,360円(税込)となっている。ウィズテックが運営するクリエイターやサーバー利用者向けのパソコンブランド「ゼウスコンピューター」名義で販売される。

●最新世代Core i7搭載サーバー

 2種類のうちの1機種は、第8世代(Coffeelake)のCore i7を採用している。動画エンコードサーバーやCG(コンピュータグラフィックス)レンダリングサーバーとしての利用に向いており、19インチのラックマウントに設置できる。映像関係者やCG関係者のオーダーにより、業務に合わせたカスタマイズもおこなっている。オープンマシンとなっており、ハードディスクの変更やメモリの交換も容易になっている。

 スペックとしては、CPUにインテルCore i7 8700Kの3.7ギガヘルツ、メモリはDDR4 SDRAMを16ギガバイト搭載している。ハードディスクはウェスタンデジタル社の1テラバイトの機種が採用されている。

●第8世代Core i5サーバー

 もう1機種は、第8世代のCore i5プロセッサを搭載している。こちらも動画エンコード用サーバーやCGレンダリングのサーバーとして利用できる。1台のサーバー内に2台分のサーバー機能が内蔵されている。1機種目と同様にオープンマシンとなっており、ハードディスクやメモリの入れ替えが簡単になっている。

 スペックは、CPUにインテルCore i5 8600Kの3.6ギガヘルツ、メモリにDDR4 SDRAMが16ギガバイトの容量で採用されている。ハードディスクはウェスタンデジタル社の2.5インチタイプが2台、マザーボードはASROCK(アスロック)のZ370M-ITX/acが搭載されている。

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース