片側1車線高速での衝突事故防止にワイヤーロープ、本格設置へ

2017年12月1日 09:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 国土交通省が今年4月、一部の片側1車線の高速道路の中央分離帯にワイヤーロープを試験的に設置した(当時の記事)。これは自動車が中央分離帯を越えて反対車線に飛び出る事故を防ぐための措置なのだが、設置後はいまのところ死亡事故が発生していないとのことで、今後本格設置に向けて協議が行われるようだ(FNN)。

 片側1車線道路では車線が簡易的にしか区切られていないことが多く、車が簡単に反対車線に飛び出してしまう。反対車線に飛び出る事故はたびたび発生しており、問題となっていた。実際の事故動画をみると、簡易的なものながらかなり効果はあるようだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
東名高速の交通事故、ドライブレコーダーに宙を舞う車が記録される 2017年06月12日
新東名高速道路の新静岡−森掛川間で制限速度を時速110kmに引き上げへ 2016年10月14日
新東名や東北道などの高速道路での速度制限、一部区間で時速120kmに引き上げへ 2016年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース