TDKが高値更新、「世界初の充放電可能な固体電池」に注目と期待

2017年11月22日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■SMDタイプのオールセラミック固体電池を発表

 TDK<6762>(東1)は22日、上値を追って始まり、取引開始後に6%高の9370円(550円高)まで上げて約2週間ぶりに2015年以来の高値を更新した。21日付で、「世界初の充放電可能なSMDタイプのオールセラミック固体電池」を発表。次世代のEV(電気自動車)用などに期待と注目が集まった。

 全固体電池は、リチウムイオン電池などに用いられている電解液を使用しておらず、発火する危険などが大幅に抑えられるという。発表によると、このオールセラミック固体電池「CeraCharge」は、小型EIA1812パッケージ(4.5x3.2x1.1mm)により提供され、定格電圧1.4Vで容量100μAhを実現。充放電サイクルは、条件により1000回以上可能であり、短時間またはパルス動作のために数mAの電流を引き出すことができる。SMD技術により、電池の配置が簡単になり、リフロー方式のはんだ付けが可能となり、それが最終製品の生産コストを削減できる、という。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース