安倍首相、20年度までに3~5歳児全ての幼・保費無償化を表明

2017年11月19日 08:07

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は195回国会での「所信表明演説」を17日行った。この中で「人づくり革命」とのテーマには「幼児教育の無償化を一気に進める」とし「2020年度までに、3歳から5歳まで、全ての子どもたちの幼稚園や保育園の費用を無償化する。0歳から2歳児も、所得の低い世帯は無償化する」と述べた。

【こちらも】安倍首相が掲げる幼児教育無償化 家計の負担はどう変わる?

 また「待機児童解消を目指す安倍内閣の決意は揺るがない」とし「6月に策定した『子育て安心プラン』を前倒しし、2020年度までに32万人分の受け皿整備を進める」とした。

 安倍総理は、また「どんなに貧しい家庭に育っても、意欲さえあれば、高校、高専にも、専修学校、大学にも行くことができる。そういう日本に、していこうではありませんか」と訴え「真に必要な子どもたちには高等教育を無償化する」と表明した。

 介護についても「2020年代初頭までに50万人分の介護の受け皿を整備する」とし「大きな目標に向かって、介護人材確保への取り組みを強化する。他産業との賃金格差をなくしていくため、更なる処遇改善を進めていく」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
教育無償化、若年層の社会保障拡充 ~財源によってはむしろ将来世代の負担増となる懸念も
生産性革命と人づくり革命 来月政策とりまとめ
企業は女性登用をどう考えているのか

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三幼児介護待機児童国会

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース