宇宙国家「アスガルディア」、“領土”となる人工衛星を軌道上に投入

2017年11月19日 07:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2016年に国民の募集が行われた「宇宙国家アスガルディア」が11月12日、キューブ型人工衛星「Astardia-1」を打ち上げた(CNETEngadget JapaneseSlashdot)。

 人工衛星の打ち上げは以前から計画されていたもので、アスガルディアの憲法や国旗、「国民」のデータが搭載されているという(過去記事)。

 この人工衛星はアスガルディアの「領土」とされており、NASAのワロップス飛行施設からOrbital ATKのAntaresロケットに載せられ、ISSの補給物資とともに打ち上げられたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
宇宙国家アスガルディア、年内に人工衛星を打ち上げると表明 2017年06月15日
「宇宙国家アスガルディア」、建国 2016年10月24日
新国家「リベルランド自由共和国」、建国を宣言 2015年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケットアスガルディア

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース