インタースペース 2017年9月30日を基準日とする余剰金配当を行うことを決議

2017年11月15日 13:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:44JST インタースペース---2017年9月30日を基準日とする余剰金配当を行うことを決議
インタースペース<2122>は、「アクセストレード」を有するアフィリエイト広告大手。提携メディア数は50万超。金融・保険向けに強み。育児支援サイト「ママスタジアム」も運営する。アフィリエイト事業が好調に推移。

同社は、14日開催の取締役会において、2017年9月30日を基準日とする余剰金配当を行うことを決議したと発表した。
同社は、株主への利益還元を経営の重要課題としており、中長期的な株式価格の向上と配当を継続的に実施している。今回、連結業績、資金繰り等を考慮した財務の健全化や将来の事業展開のための内部留保等を総合的に勘案し、1株当たり14円00銭にて配当を決定した。配当金総額は0.94億円(前期実績は、1株当たり配当金11円00銭、配当金総額0.74億円)。効力発生日は2017年12月25日となる。《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース