日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退

2017年11月14日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル: MACDは陰転シグナルを発生、ストキャス低下で過熱感は後退
5日続落。売り先行で始まり、その後は22500円を回復する場面をみせていたが、5日線接近では強弱感が対立しやすく、昨日同様、引け前30分辺りから先物主導で下げに転じている。意外感はなく、想定内の調整といったところであるが、下降する5日線が上値の重しとなるほか、ボリンジャーバンドでは+1σを下回っての推移に。目先的には中心値(25日)辺りまでの調整は意識しておく必要があろう。一目均衡表では転換線が抵抗となる一方で、基準線が下値支持線として意識されそうだ。MACDは明確にシグナルを下回っており、陰転シグナルが発生している。ストキャスは9月水準まで低下してきており、過熱感は後退した。《CS》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース