アスカネット:AIプレート『変なホテル』登場

2017年11月14日 17:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アスカネット<2438>(東マ)は国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」をはじめ遺影写真加工関連事業を主力とした業務展開に加え・・・。

アスカネット<2438>(東マ)は国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」をはじめ遺影写真加工関連事業を主力とした業務展開に加え・・・。[写真拡大]

写真の拡大

■ハウステンボスがフロントシステムに導入

 アスカネット<2438>(東マ)は国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」をはじめ遺影写真加工関連事業を主力とした業務展開に加え、新規事業として、空中結像を可能にするエアリアルイメージングプレート(AIプレート)事業に取り組んでいるが、このたび、AIプレートを活用したフロントシステムが、「変なホテルハウステンボス」に導入されたと発表し話題を呼んでいる。

 この度導入されたのは、新光商事株式会社(本社:東京都品川区)と協力して開発したAIplay空中操作ディスプレイで、AIプレートとセンサーを融合した、浮かび上がった画像を操作ができる未来型のフロントシステムであり、操作がシンプルで、タッチパネルのように空中でボタン操作することができる不思議さが注目を呼んでいるようだ。

 同社では「取り付けたセンサーカメラとソフトウェアが指の動きを感知し、空中に浮いた映像のボタンをそのまま操作できるところが興味を呼んでいるが、ボタン操作音がでるため、『操作感も十分感じられ』AIplay空中操作ディスプレイによりいつものホテルチェックインが、アトラクションのような楽しいひと時に変わるところから、映画の中に入り込んだような世界観を『変なホテル』で是非体験してほしい」と話している(同社常務取締役兼CEO功野顕也氏)。

■世界が注目するもう1つの『AI』「Aerial Imaging空中ディスプレイ」

 同社は、「『未来』を表現するアイテムとして、SF映画などに頻繁に登場する空中ディスプレイであり、この空中ディスプレイを実現させるため、エアリアルイメージング事業部を設置し、シンプルで簡単に空中ディスプレイを実現できる『AIプレート』を開発したが、サイネージ関連はもちろん、医療、操作パネル、アミューズメントなど多方面の業界・業種から注目されている」(同上) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】レントラックスは7月度売上高13.1%増と好調、900円割れで下値を固める動き(2017/09/14)
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース