【株式市場】銀行株安など影響し日経平均は尻すぼみとなり5日続落

2017年11月14日 15:39

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の前引けは2万2380円01銭(98銭安)、TOPIXは1778.87ポイント(4.62ポイント安)、出来高概算(東証1部)は17億3579万株

 14日後場の東京株式市場は、円相場に特段大きな変化が見られないため、日経平均は取引開始後に前場の高値(151円31銭高の2万2532円30銭)に迫る場面があった。ただ、正午に四半期決算を発表した鹿島<1812>(東1)が一段安となり、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)は業績の鈍化が目立ったとの見方で一段軟調になり、日経平均は大引け間際に前日比で小安く転換。小幅だが5日続落となった。東証2部指数は高いが、前引けは堅調だったマザーズ指数は安くなり、日経JQSDAQ平均も安い。

 後場は、ジャパンベストレスキューシステム<2453>(東1)が9月決算と今期の見通しなどを材料にストップ高を続け、エンビプロホールディングス<5698>(東2)は四半期決算と株式分割が好感されてストップ高。旅工房<6548>(東マ)は四半期決算を受けた13日の急落から一転して急反発。NKKスイッチズ<6943>(JQS)は今期の黒字転換などを評価する動きが再燃とされて再び急伸。

 東証1部の出来高概算は17億3579万株(前引けは8億8017万株)、売買代金は2兆9865億円(同1兆5096億円)。1部上場2035銘柄のうち、値上がり銘柄数は622(同701)銘柄、値下がり銘柄数は1338(同1234)銘柄。

 また、東証33業種別指数は10業種(前引けは9業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、金属製品、ゴム製品、その他製品、機械、非鉄金属、電気機器、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】レントラックスは7月度売上高13.1%増と好調、900円割れで下値を固める動き(2017/09/14)
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース