アドバネクス 2Qは2ケタ増収増益、日本では自動車向け売上が好調に推移

2017年11月13日 19:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:26JST アドバネクス---2Qは2ケタ増収増益、日本では自動車向け売上が好調に推移
アドバネクス<5998>は10日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)の連結業績を発表した。売上高が前年同期比14.7%増の100.65億円、営業利益が同62.7%増の1.37億円、経常利益が同114.0%増の1.60億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.60億円(前年同期は0.04億円の損失)となった。

日本の売上高は前年同期比2.8%増の38.52億円、セグメント損失は0.63億円(前年同期は2.96億円の損失)となった。埼玉工場の設備投資等による固定費増加があったが、自動車向けが好調に推移した。

米州の売上高は前年同期比22.6%増の11.34億円、セグメント損失は1.28億円(前年同期は0.53億円の損失)となった。自動車向けが好調に推移したことなどにより増収となったが、メキシコ第二工場及びアメリカ第二工場の固定費増加などにより、損失幅が悪化した。

欧州]の売上高は前年同期比0.1%増の8.76億円、セグメント利益は同37.5%増の0.96億円となった。医療向けが好調に推移したほか、固定費削減の取組みが奏功した。

アジアの売上高は前年同期比30.4%増の42.02億円、セグメント利益は同33.6%減の2.36億円となった。新たにPT. Yamakou Indonesiaを連結対象としたことと、自動車向け及びOA機器向けが好調だったことなどから増収となったが、固定費の増加や本社費用の負担額変更、廃材売却収入の一部回収遅れなどにより減益となった。
2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比12.0%増の200.00億円、営業利益が同61.8%増の4.00億円、経常利益が同9.7%増の3.80億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同3.57倍の2.40億円と期初予想を据え置いている。《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース