サイボウズ社長ら、夫婦別姓選べないのは憲法違反として国を提訴

2017年11月11日 15:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 サイボウズの青野慶久社長ら2人が、「夫婦別姓」を選択できないことは憲法違反だとして国に対し損害賠償を求め提訴するという(毎日新聞)。

 青野氏は青野姓で同社の経営を行っていたが、2001年の結婚時に妻の姓を選択。その後も旧姓の青野を使い続けていたものの、所有していた株式の名義書換などで約300万円を費やしたという。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
本名をベーコン・ダブル・チーズバーガーに変更した英男性 2016年02月27日
最高裁、「再婚の6か月間禁止」は違憲という判断を示す 2015年12月17日
サイボウズ、「年功序列型」の賃金制度を選択可能に 2007年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード憲法結婚

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース