堺雅人「すごいプレッシャー」と長ゼリフの苦労明かす

2017年11月9日 07:06

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』のワールドプレミア舞台挨拶が11月7日に東京国際フォーラムで行われ、堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、要潤、神戸浩、鶴田真由、吉行和子、三浦友和、山崎貴監督が出席。写真:堺雅人

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』のワールドプレミア舞台挨拶が11月7日に東京国際フォーラムで行われ、堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、要潤、神戸浩、鶴田真由、吉行和子、三浦友和、山崎貴監督が出席。写真:堺雅人[写真拡大]

写真の拡大

 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』のワールドプレミア舞台挨拶が11月7日に東京国際フォーラムで行われ、堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、要潤、神戸浩、鶴田真由、吉行和子、三浦友和、山崎貴監督が出席。堺といえばドラマ『リーガルハイ』などで早口な長ゼリフを得意とするイメージがあるが、この日はセリフ覚えに相当な努力をしているエピソードを山崎監督が明かした。

 ・『DESTINY鎌倉ものがたり』ワールドプレミア舞台挨拶、その他の写真

 本作は人間と人間ならざるモノが共存する鎌倉と、黄泉の国を舞台にした冒険ファンタジー。ミステリー作家・一色正和(堺)が、黄泉の国に旅立った妻の亜紀子(高畑)を救うべく奮闘する姿を描く。

 撮影エピソードでは、電車を使い1日に2回しかチャンスがなかった緊迫した一コマを紹介。しかも、堺のセリフの一部が「18分」から「19分」に変更されたそうで、山崎監督は「堺さんってすごく長ゼリフが得意かと思っていたので、最初、雑に伝えたら『え〜!?』と驚くんですよ。なので『18分を19分にするだけなので』と言ったら、『それがすごい大変なんですよ!』と言われるので、最初何のことかわからなくて」と申し訳なさそうに苦笑い。

 その際、堺は「そんなわけないじゃないですか。すごい練習してるんですよ!」「18分が19分になるだけでもすごいプレッシャーなんです」と思わず伝えたそうで、その時の心境を堺は「セリフを間違えられないのに、18分が19分になって。あわあわしているうちに始まって、もう何が何だか」と吐露。「しかも『早口で』と書いてあったので、ものすごいプレッシャーでした。ダイヤの問題もありましたし、色んなものがパニックでした」と胸の内を明かした。

 同じシーンに出演した要も「その緊張感が僕らにもバンバン伝わってきて、絶対間違えられないと思ったらみんな甘噛みで」と現場が特殊な緊張感に包まれていた様子を振り返っていた。

 『DESTINY 鎌倉ものがたり』は12月9日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)

 【関連記事】

 堺雅人の「手握りたかった」発言に、妻役の高畑充希「握ってくれたら良かったのに」
堺雅人と高畑充希、大河ドラマと朝ドラ主演の2人が新婚夫婦役で初共演!
宇多田ヒカルが主題歌!『三丁目の夕日』チームが手がける『DESTINY 鎌倉ものがたり』
堺雅人と菅野美穂夫妻に第1子男児誕生。ともに公式サイトで喜びを報告!

関連キーワード高畑充希DESTINY 鎌倉ものがたり山崎貴堺雅人

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース