富士ソフトサービスビューロの今3月期第2四半期は増収大幅増益、コールセンター・BPOサービスともに好調

2017年11月8日 20:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■18年3月期は収益2桁を見込む

 富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQS)は8日、18年3月期第2四半期業績(非連結)を発表した。

 同社は、10月25日に業績の上方修正をしており、売上高が46億16百万円(前年同期比24.5%増)、営業利益が1億29百万円(同4.2倍)、経常利益が1億30百万円(同4.3倍)、四半期純利益が90百万円(同4.4倍)だった。

 売上高は、コールセンターサービス分野、BPOサービス分野ともに官公庁向けの案件が拡大したこと、一部案件において前倒し受注があったことにより好調に推移した。利益は、売上高の拡大に加え、新規受注案件にかかる先行投資費用が想定内に収まったことにより、好調に推移した。

 サービス別に見ると、コールセンターサービスの売上高は、21億89百万円(前年同期比20.3%増)となった。国民健康保険中央会から新規受託したITヘルプデスク業務が今期の4月よりスタートしたことに加えて、既存の日本年金機構向け年金相談業務において、業務拡大により売上規模が拡大した。BPOサービスの売上高は24億27百万円(同28.4%増)。日本年金機構向けの年金事務業務が伸張した。    2018年3月期業績予想(10月25日上方修正)は、売上高が97億円(前期比13.5%増)、営業利益が3億30百万円(同22.1%増)、経常利益が3億30百万円(同16.1%増)、純利益が2億40百万円(同14.5%増)としている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース