Seagate、AI利用の監視ビデオ録画用HDDを発表

2017年11月1日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 SeagateがAIを利用した監視カメラ向け3.5インチHDDとなる「SkyHawk AI」を発表した(PC Watch)。容量は10TBおよび8TB。

 昨今では監視カメラで録画したビデオを人工知能システムで処理するケースがあり、こういった用途では大量のデータの読み書きが行われる。そういった用途に特化し、年間550TBという大量のデータ転送を想定。また5年という長い期間の保証も付いている。インターフェイスはSATA 6Gb/s、キャッシュは256MB。価格は10TBモデルが449.99ドル、8TBモデルが349.99ドル。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ストレージ

 関連ストーリー:
Seagate、熱アシスト磁気記録方式のHDDで2023年までに容量40TB超を実現へ 2017年10月30日
WD、マイクロ波アシスト磁気記録方式のHDDのデモを発表。2025年までに容量40TB超を実現へ 2017年10月18日
HGSTが容量14TBの3.5インチHDDを発表、ただし使用にはソフト側のサポートが必須 2017年10月06日
昨今のHDDは熱によるプラッタの消耗によるトラブルが多い? 2017年09月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース