スターアジア不動産投資法人 メザニンローン債権への投資を発表

2017年10月26日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:04JST スターアジア不動産投資法人---メザニンローン債権への投資を発表
スターアジア不動産投資法人<3468>は25日、メザニンローン※債権への投資を発表した。
羽田ホテル開発が発行する社債(劣後社債)の一部を取得する。取得総額は4億円で、鑑定評価額(40.8億円)に対する社債及び上位債権の合計額の比率であるLTV(Loan To Value)は約62.3%である。

同投資法人は、収益機会の多様化や現有の不動産ポートフォリオの償却後利回りを越える収益が確保できること、自己資金の有効活用などの観点から、メザニンローン債権への投資が投資主利益の最大化を追求する施策として有効だと考えている。

本社債の発行体である羽田ホテル開発が取得予定であるリリーフプレミアム羽田は、東京都大田区に位置するビジネスホテルである。「東京圏のミドルサイズアセット」のビジネスホテルであり流動性が高く、ホテルの立地、スペック、テナント兼オペレータの実績により、利払いの確実性は高く、かつ、売却や借り換えにより本劣後社債の償還の確実性は高いと同法人では判断している。


※ 特別目的会社(SPC)を通じた不動産等の取得において、一般的に銀行が貸し出しを担うシニアローンと機関投資家等によるエクイティ出資の間に存在するミドルリスク・ミドルリターンのローンのこと。《TN》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース