日経平均は続伸でスタート、長期安定政権を評価した買いが先行

2017年10月23日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21709.30;+251.66TOPIX;1747.73;+17.09

[寄り付き概況]

 23日の日経平均は15営業日続伸で始まり、年初来高値を更新。衆院選は自公が3分の2を超える圧勝となった。これについては予想通りであり、市場は織り込み済みとなろう。とはいえ、アベノミクス加速、長期安定政権を評価した買いが先行するなか、日経平均は21700円を回復して始まった。

 セクターでは空運のみがマイナスとなり、証券、保険、金属、銀行、パルプ紙、電気機器、その他金融の上昇が目立つ。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、SUMCO<3436>、東エレク<8035>、ファナック<6954>が高い。《DM》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース