上白石萌歌が女子高生タイムトラベラーに!「続・時をかける少女」初舞台化

2017年10月21日 17:14

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

これまでに幾度となく映像化されてきた青春SF小説「時をかける少女」の続編「続・時をかける少女」が、上白石萌歌(かみしらいし・もか)主演、SFコメディの旗手ヨーロッパ企画の上田誠による脚本・演出で初めて舞台化されることがわかった。写真:舞台「続・時をかける少女」ポスタービジュアル (C) 2018「続・時をかける少女」製作委員会

これまでに幾度となく映像化されてきた青春SF小説「時をかける少女」の続編「続・時をかける少女」が、上白石萌歌(かみしらいし・もか)主演、SFコメディの旗手ヨーロッパ企画の上田誠による脚本・演出で初めて舞台化されることがわかった。写真:舞台「続・時をかける少女」ポスタービジュアル (C) 2018「続・時をかける少女」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 これまでに幾度となく映像化されてきた青春SF小説「時をかける少女」の続編「続・時をかける少女」が、上白石萌歌(かみしらいし・もか)主演、SFコメディの旗手ヨーロッパ企画の上田誠による脚本・演出で初めて舞台化されることがわかった。

 ・[動画]上白石萌歌出演「DAKE JA NAIを探そう!」/帝人「DAKE JA NAI」CMロング

 筒井康隆著の「時をかける少女」は1972年に『タイム・トラベラー』としてNHKでドラマ化され好評を博した作品。その続編として、脚本家の石山透が創作しドラマ化したのが、同年NHKで放送された『続・タイム・トラベラー』で、その後ドラマの脚本を「続・時をかける少女」として書籍化。今回45年の“時をかけて”初の舞台化が実現した。

 本舞台の主演をつとめるのは、冒頭でも記したとおり上白石萌歌。第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得し、2017年のミュージカル「魔女の宅急便」では主演。その後も舞台「星の王子様」に出演したほか、現在放送中のCM「キリン 午後の紅茶」では澄んだ歌声を披露し話題を呼んでいる。

 本舞台では、「時をかける少女」から歳月が流れ、再び時空を超え、未来からきた青年に恋をする女子高生の芳山和子役を演じる。今回主演をつとめるにあたり上白石は「現役で制服が着られる最後の年に、この作品に出会えたことをとても嬉しく思います。高校生である今だけの自分の感性を頼りに、和子と共に思い切り駆け抜けたいと思います!」とコメント。

 脚本・演出をつとめるのは、「来てけつかるべき新世界」にて第61回岸田國士戯曲賞を受賞し、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手掛ける劇団ヨーロッパ企画の上田誠。本作の舞台化について「数年前、『時かけ』に『続』があると知ったときはひっくり返りそうになりました。読むと、ラベンダーの香りを残して未来へと去っていったケン・ソゴルが、堂々とまた帰ってきて和子に迷惑をかけまくっていました。そしてまた記憶を消す消さないと言っているという。それが夫婦漫才のようで、これをコメディにできないかと思い立ちました」と話している。

 公演は、2018年2月7日〜2月14日に東京グローブ座にて。その後、地方公演も予定している。

【関連記事】

 上白石萌歌も登場! 東宝シンデレラ4人がショートムービーに主演。舞台挨拶で夢や目標を語る!
[動画]上白石萌歌も登場! 東宝シンデレラの4人が初主演作で舞台挨拶
東宝シンデレラの上白石萌歌、来年1月にオーケストラバックに詩を暗唱!
[動画]姉・上白石萌音インタビュー

関連キーワード時をかける少女筒井康隆上白石萌歌魔女の宅急便

「エンタメその他」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース