神戸製鋼は16日に機関投資家向け説明会と伝わり2日続けて買い戻し入る

2017年10月17日 10:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「資金繰り懸念なしとの見解伝える」とされカラ売り投資家などひとまず撤退

 神戸製鋼所<5406>(東1)は17日、2日続けて反発基調となり、10時を過ぎて5%高の868円(41円高)前後となっている。16日に機関投資家向けの説明会を開催したと伝えられ、「資金繰り懸念なしとの見解伝える」(ロイター通信10月17日10時12分配信より)とされたことなどを受けて買い戻しが入っているようだ。

 同社株は、アルミ製品や銅製品のデータ不正問題を受け、1368円(10月6日の終値)から805円(10月13日の終値)まで4割強の急落となった。会社側は13日に同社・川崎会長兼社長の会見を設定。週明け16日は一時774円まで一段安となったが、急落途上でカラ売りを行った投資家などから、ひとまず買い戻す動きが広がったようで大引けは前日比で反発した。

 ただ、同社のデータ不正問題については、17日の一部報道で「数十年前から」とも伝えられた。同社は、2002年の川鉄・NKKの経営統合、2012年の新日鉄・住金の統合など、業界の再編が活発化した中で、高性能を訴求したアルミ押出材や自動車用ハイテン(超高張力鋼)などを掲げる形で独自路線を歩んできただけに、今回の問題は大きい印象がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース