NY原油:続伸で51.87ドル、イラク軍とクルド人武装勢力の武力衝突で原油供給懸念も

2017年10月17日 07:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:40JST NY原油:続伸で51.87ドル、イラク軍とクルド人武装勢力の武力衝突で原油供給懸念も
NY原油先物11月限は続伸(NYMEX原油11月限終値:51.87 ↑0.42)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.42ドルの51.87ドルで取引を終えた。一時52.37ドルまで上昇した。イラク軍とクルド人勢力との武力衝突によって原油供給が遮断されるおそれがあるとの見方が浮上し、短期筋などの買いが活発となった。そのほか、世界経済の持続的な成長への期待や米国株高も原油先物に対する支援材料となっていたようだ。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース