JIG-SAWは住友商事グループとの協業など好感され出直り強める

2017年10月13日 15:25

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■AI(人工知能)による製造業向け予兆診断サービス

 JIG-SAW<3914>(東マ)は13日、一時6100円(200円高)まで上げて出直りを強め、出来高も急増した。13日付で、インダストリアルインターネット分野において、AI(人工知能)を活用した製造業向け予兆診断サービスなどについて住友商事<8053>(東1)グループとの協業を発表し、注目が集まった。この2カ月ほどは5900円前後を下値にもみ合っており、下値固め相場が一巡してきたとの見方もあった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース