SkypeにCortana搭載 チャット内容が悪用されるリスクも?

2017年10月12日 22:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Microsoftが「Cortana」をiOSとAndroid向けの「Skype」に追加したと発表した。日本語環境ではまだ搭載されていないようだが、対応版であればチャットウィンドウにインテリジェントアシスタントが表示されるという。Microsoft曰く、会話の中に出てきた映画のレビューやレストランの選択肢に直ちにアクセスできるようになるため、チャットの中断などが減らせる、ということらしい。同様の機能はGoogleの「Allo」やFacebookの「Messenger」なども備えている(CNET JapanSkype Blog)。

 しかし、逆に考えるとCortanaは常にチャット内のプライベートな会話を読んでいると言える。MicrosoftはCortanaを利用することで広告を挿入したり、行動を監視したりする可能性がある。例えばテロに関する単語を入れたらまずいことになる可能性などだ。もちろん現実にはMicrosoftはそんなことをしていないはずだが、今回のようなサービスにはそうなってしまう可能性がある(betaNEWSSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | マイクロソフト | 人工知能 | プライバシ

 関連ストーリー:
超音波でデジタルアシスタントデバイスを操作する「DolphinAttack」攻撃 2017年09月10日
CortanaとAlexaが相互通信可能に 2017年09月05日
Cortanaが通知領域に移動する可能性 2017年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleiOSAndroidMicrosoftCortanaSkype

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース