豊和工業が再びストップ高、「中朝国境の韓国人に帰国勧告」と伝わり北朝鮮情勢への注目続く

2017年10月12日 15:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■投信運用会社ブラックロック・ジャパンの大量保有も思惑材料

 豊和工業<6203>(東1)は12日、急反発となり、後場は一段上げてストップ高の1957円(400円高)で売買をこなしている。自動小銃や迫撃砲などを開発製造する防衛産業銘柄で、後場、「中国、中朝国境にいる韓国人に帰国勧告、緊張高まり受け」(朝日新聞デジタル10月12日14時20分より)と伝えられるなど、いぜん、北朝鮮情勢に動きが出るリスクを材料視する様子が強いようだ。

 このところは、投信運用会社ブラックロック・ジャパンの大量保有が思惑材料になり、10月6日から2日連続ストップ高を交えて急伸した。今期・18年3月期の連結業績は完全黒字転換する見込みのため、反落しても下値は業績面での下支えがあるとして強気の姿勢もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース