米FCC委員長、iPhoneでのFMラジオ機能有効化を要請、Appleの回答は?

2017年10月1日 08:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米連邦通信委員会(FCC)は9月28日、iPhoneでFMラジオ機能を有効化するようAppleに要請するFCC委員長Ajit Pai氏の声明を発表した(ニュースリリース: PDFThe Vergeの記事Ars Technicaの記事9to5Macの記事)。

米国で販売されるスマートフォンの多くはFMラジオ機能を含むチップを搭載しているが、FMラジオ機能が有効にされていないものが多かった。FCCでは災害により通信機能が途絶えた際の情報収集に役立つとして、FMラジオ機能の有効化をスマートフォンメーカーに要請している。この要請に大手メーカーの多くが応じているが、Appleは抵抗を続けているという。

Pai氏の声明はHarveyやIrma、Mariaといった強いハリケーンの被害が続いたことを念頭に置いたものだ。Pai氏はAppleに対して米国の人々の安全を第一に考え、正しいことをするよう求めている。ただし、FCCではFMラジオ機能の有効化をメーカーに強制しないというスタンスをとっており、今回も強い調子ではあるが、あくまで要請という形になっている。

これに対しAppleは、ユーザーの安全を非常に重視しており、現代的な安全対策を製品に組み込んでいると主張。緊急通報サービスに発信できることやMedical IDをロック画面で確認できること、政府の緊急警報サービスを利用できることを挙げている。また、iPhone 7とiPhone 8にはFMラジオチップが搭載されておらず、FMラジオ信号に対応したアンテナも搭載されていないため、FMラジオ受信機能を有効にすることはできないと述べているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | アメリカ合衆国 | 政府 | iPhone

 関連ストーリー:
iOS 11の緊急電話機能、試す人が多発してカナダトロント警察が困惑 2017年09月29日
米国・ヒューストンとマイアミ、ハリケーン襲来でマルウェア感染が大幅に減少 2017年09月18日
SIMフリー端末がJアラートを受信できない理由はETWS規格の実装状況が異なるため 2017年09月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカAppleiPhoneiPhone 7ラジオ連邦通信委員会iPhone 8

「ケータイ・スマホ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース