福島原発使用済み核燃料取り出し、3年先送り

2017年9月27日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 政府は26日開いた関係閣僚会議で東京電力福島第一原発の廃炉に向けた中長期ロードマップを改訂。1号機、2号機のプールに保管している使用済み核燃料の取り出し開始時期を現行の2020年度から「2023年度を目途に」3年遅らせることを決めた。3号機については「2018年度中頃」としている。

【こちらも】日本学術会議、福島原発事故に由来の被曝で子供や次世代への影響は無し

 また「廃棄物対策」については「処理や処分の方策、安全性に関する技術的な見通し」は2021年度頃としている。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「今後、改訂中長期ロードマップに基づき、安全確保を最優先し、リスク低減重視の姿勢を堅持したうえ、地域、社会とのコミュニケーションを一層強化しながら、廃炉・汚染水対策をしっかり進めていきたいと思う」と述べた。中長期ロードマップは2011年12月の策定から、これで4回目の改定になる。原発事故による廃炉の難しさを改めて浮き彫りにしている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総選挙は原発ゼロに王手かけるチャンス 元総理
森友加計、原発、安保、立憲で政権裁定する好機
米山新潟知事は福島第一の徹底検証後に刈羽議論
国の科学的特性マップ理解浸透へ取組むと電事連
電事連会長「原発の新増設自ずと必要に」と発言

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京電力菅義偉福島第一原発廃炉被曝

「原子力発電・放射能」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース