ブレインパッドが12%高、22日新規上場銘柄の比較対象として最高益など見直す

2017年9月21日 10:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■好業績を見直す動きが強まる期待

 ビッグデータ活用サービスなどのブレインパッド<3655>(東1)は21日、大きく出直り、10時を過ぎては12%高の1181円(124円高)前後で推移。8月9日以来の1200円台回復となっている。今期・2018年6月期も純利益などが続けて最高益を更新する見込みである上、22日に東証マザーズ市場に新規上場する機械学習/深層学習技術などのアルゴリズムソリューション企業PKSHA Technology(パークシャテクノロジー、銘柄コード番号3993、売買単位100株)の比較対象銘柄とされ、前人気を集めているようだ。

 株価は2013年に上場来の高値2068円(株式分割調整後の高値)があり、17年1月に戻り高値1767円(同)がある。類似業態の新規上場銘柄を機会に、連続最高益基調の好業績を見直す動きが強まる期待が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ソーバルは調整一巡感、18年2月期2桁営業増益・連続増配予想(2017/09/14)
【インタビュー】パシフィックネットの上田満弘社長に聞く(2017/09/06)
材料は後からついて来る=犬丸正寛の相場格言(2017/09/16)
【編集長の視点】BEENOSは有価証券売却益計上で業績期待を高めインバウンド関連株人気もオンして3連騰(2017/09/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース