国産の温水洗浄便座、発売から50年

2017年9月19日 22:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国産の温水洗浄便座が発売されてから今年で50年を迎えたそうだ(NHK)。

 温水洗浄便座というとTOTOの「ウォシュレット」が有名だが、日本で初めて製品化を行ったのはLIXIL(当時は伊奈製陶)が1967年に発売した「サニタリーナ61」だそうだ。なお、海外ではそれ以前より温水洗浄便座が製品化されており、それを1964年に日本で初めて売り出したのが東洋陶器だという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
温水洗浄便座などの操作パネルで使用する標準ピクトグラム8種が策定される 2017年01月20日
TOTOの温水洗浄便座、累計出荷台数が4千万台を超える 2015年09月03日
TOTO、「走るトイレ」を製作 2011年10月06日
おしりだって洗ってほしい 2002年08月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTOTO

「生活家電」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース