セブン&アイのEC「オムニ7」、omniモールを新設 グループ外企業が参画へ

2017年9月19日 20:12

小

中

大

印刷

Omniモールロゴ(写真:セブン&アイホールディングス発表資料より)

Omniモールロゴ(写真:セブン&アイホールディングス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 セブン&アイグループが運営するネットショッピングサイト「オムニ7」に、オンラインモール「omniモール」が、2017年11月下旬より新設される。これまでのセブン&アイグループが運営するネットショッピングサイトは、グループ内のECサイトが連なる一大ネットショッピングサイトとなっていた。そこへ新たに、グループ外の企業が参画するオンラインモール「omniモール」を追加。6社9ストアを順次開始し、サービスと商品の拡充を行っていく。

【こちらも】セブン&アイHDとアスクル、提携発表 ネット通販を強化へ

■セブン&アイグループのオムニ7は結構でかい
 現在、セブン&アイグループの運営するオムニ7は、セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、LOFT、デニーズなど、数多くのグループ内企業のECサイトが連なる巨大ネットショッピングサイトとなっている。いずれかのIDを持っていれば、全てが利用可能だが、その構成は、少々複雑怪奇さを醸し出している。

 その「オムニ7」、ここまでの巨大さを持っていながら、今まではグループ外の企業は参画していなかった。今回新設される「omniモール」はその名の通り、モールだ。2017年11月下旬より、6社9ストアが追加されていく。

■Omniモールの出店サービスは?
 「Omniモール」に出店されるサービスを紹介しておこう。「インテリア雑貨家具」を販売するニトリ。「スポーツ・ゴルフ・アウトドア用品」を扱うクロスプラネット(ゼビオグループ)から、『SUPER SPORTS XEBIO』、『Victoria Golf』、『Victoria L-Breath』、『Victoria Surf&Snow』などのスポーツブランド。「体験ギフト」なるサービスを展開するソウ・エクスペリエンスから、『Sow Experience(ソウ・エクスペリエンス)』。「オーダーメイドフラワー」を扱うSakaseruの『Sakaseru(サカセル)』。

 さらに物販だけではなく、「ハイブランド品の委託販売&買取り」を扱うアクティブソナーの『RECLO(リクロ)』、「ふるさと納税」を行うことができるさとふるの『さとふる』というサービスも開始される。

 隠れた巨大ECサイトとも言えるオムニ7は、2015年11月のサービス開始以来、順調に登録会員数を伸ばしており、その数は、2017年8月末には、570万人に達した。グループ外の参画により、国内の総合ECサイトとしてさらなる飛躍を遂げるのか。それとも、より一層複雑になってしまうのか。動向に注目していきたい。(煎茶濃いめ)

関連キーワードセブンイレブン西武(百貨店)ふるさと納税ニトリセブン&アイ・ホールディングス

「小売業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース