マザーズ先物見通し:連休控えポジション調整の流れに

2017年9月15日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:49JST マザーズ先物見通し:連休控えポジション調整の流れに
本日のマザーズ先物は、3連休を前に積極的な売買が手控えられる展開となりそうだ。朝方に北朝鮮によるミサイル発射が伝わっており、円相場が一時1ドル=109円台に上昇するなど市場にも懸念が広がったが、直後に円相場は1ドル=110円台へと値を戻した。足元の新興市場現物の商いは低調となっており、個人投資家の売買手控えムードからマザーズ先物へも積極的に買い向かう流れは見込みにくいものの、本日に関しては大きく値を崩す展開はいったん回避されそうだ。ただし、依然として北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感は市場に根強く残っており、3連休をまたいだポジションは取りにくい。これらを受け、現在のポジションを解消する動きがみられそうだ。本日の上値メドは1040pt、下値メドは1000ptとする。《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース