昭和真空は第2四半期、通期業績予想の修正を発表

2017年9月15日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■期初受注残に加え受注が堅調に推移し、生産面で量産効果や工場の稼働率向上、原価低減を実現

 水晶デバイス製造装置の昭和真空<6384>(JQS)は、第2四半期、通期業績予想の修正を発表した。

 第2四半期の売上高は前回予想を下回るものの、利益面では当初予想を大幅に上回る見込み。

 大幅増益の要因としては、期初受注残に加え受注が堅調に推移し、生産面で量産効果や工場の稼働率向上、原価低減などが挙げられる。

 第2四半期の売上高は前回予想を1億87百万円下回るものの、営業利益を2億75百万円、経常利益を2億62百万円、純利益を55百万円上方修正した。

 その結果、今期18年3月期第2四半期連結業績予想は、売上高58億12百万円(前年同期比30.69%増)、営業利益8億95百万円(同49.42%増)、経常利益8億82百万円(同71.59%増)、純利益6億15百万円(同44.37%増)と大幅増収増益を見込む。

 第2四半期の業績予想が大幅増収増益を見込むことから、通期業績予想を上方修正することになった。

 売上高を9億30百万円、営業利益を5億36百万円、経常利益を5億50百万円、純利益を3億57百万円上方修正した。

 その結果、18年3月期通期連結業績予想は、売上高116億30百万円(前期比34.60%増)、営業利益14億76百万円(同57.36%増)、経常利益14億70百万円(同63.70%増)、純利益11億27百万円(同58.73%増)を見込む。

 ちなみに、一株当たり純利益は、前期の115円29銭から今期は183円06銭となる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース