東京為替:ドル・円は下値が堅い、米長期金利は底堅く推移

2017年9月14日 16:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:17JST 東京為替:ドル・円は下値が堅い、米長期金利は底堅く推移
 ドル・円は110円40銭台で下値の堅い値動き。ユーロ・ドルが値を戻す展開となり、ドル・円にはやや下方圧力がかかりやすい。また、欧州株式市場は寄り付きから全面安となり、リスク回避の円買いも継続。反面、米国の8月消費者物価指数の発表を控えて、10年債利回りが底堅く推移しており、ドル買いも観測される。


 ここまでのドル・円は110円39銭から110円73銭。ユーロ・円は131円11銭から131円49銭、ユーロ・ドルは1.1866ドルから1.1894ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告