Apple Pay利用しクレジットカードを不正使用

2017年9月14日 15:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 不正入手した他人のカード情報をiPhoneの決済機能「Apple Pay」に登録して使用する詐欺事件が発生していたという。背景には中国人らによる犯罪組織が関わっているようだ(ITmedia)。

 Apple Payの登録時にはカード発行会社が送信する認証コードが必要だが、カード所有者の個人情報を用意した上でカードの発行会社に対し「電話番号を変更した」などと連絡し、本人が所有していないスマートフォンに認証コードを送信させていたという。使われた個人情報はフィッシングサイトなどで集められていたようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 犯罪 | セキュリティ | アップル | お金

 関連ストーリー:
米国で電話番号経由でのアカウント乗っ取りが多発、Bitcoin投資家などが被害 2017年08月24日
Twitter、フィッシングサイトへ誘導するプロモツイートが出現 2016年11月03日
電子マネーを使った詐欺被害が急増 2016年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国AppleクレジットカードiPhoneフィッシングApple Pay

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース