【業績でみる株価】チェンジは上場来高値圏、17年9月期2回目の増額修正で18年9月期も収益拡大基調

2017年9月14日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 チェンジ<3962>(東マ)は、NEW-ITトランスフォーメーション事業を展開している。17年9月期(8月14日に2回目の増額修正)は大幅増収増益予想である。そして18年9月期も収益拡大基調が予想される。株価は上場来高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■17年9月期は2回目の増額修正、18年9月期も収益拡大基調

 モビリティ、IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティ、ロボティクス、AIなどの新しいテクノロジーを活用したサービス、およびIT人材育成サービスなどをNEW-ITトランスフォーメーション事業として展開している。

 17年9月期の非連結業績予想(8月14日に2回目の増額修正)は売上高が16年9月期比27.7%増の19億80百万円、営業利益が77.3%増の3億31百万円、経常利益が84.7%増の3億25百万円、純利益が84.4%増の2億18百万円としている。成長に向けた先行投資を吸収して大幅増収増益予想である。

 AR(拡張現実)を用いた現場教育アプリケーションの開発、大手企業や政府官公庁における働き方改革を支えるモバイルセキュリティプラットフォームの販売、地方創生を目的とした自治体向けビッグデータの活用支援、労働人口の減少を見据えたロボティクスインテグレーションなど、新たな案件受注が想定以上に伸長している。利益面では、競合不在による粗利益の増加、徹底したコスト管理による内部管理費の抑制なども寄与する。

 第3四半期累計(10~6月)は売上高が50.4%増収、営業利益が2.1倍増益、経常利益が2.2倍増益、純利益が2.3倍増益だった。通期予想に対する進捗率は売上高78.8%、営業利益97.3%、経常利益97.5%、純利益97.7%と高水準である。通期ベースで好業績が予想され、18年9月期も収益拡大基調が予想される。

■株価は上場来高値圏、好業績を評価して上値試す

 株価は8月30日に上場来高値9180円まで上伸した。その後は利益確定売りで反落する場面があったが素早く切り返している。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース