斎藤工の長編監督デビュー作『blank13』が新たに3つの映画祭に正式出品

2017年9月14日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作で、高橋一生が主演をつとめる『blank13』。写真:『blank13』ポスタービジュアル (C) 2017「blank13」製作委員会

斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作で、高橋一生が主演をつとめる『blank13』。写真:『blank13』ポスタービジュアル (C) 2017「blank13」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作で、高橋一生が主演をつとめる『blank13』。この映画が、9月18日からオーストラリアで開催されるシドニー・インディ映画祭2017「オフィシャル・セレクション部門」、9月24日からインドネシアで開催される第11回バリ国際映画祭「コンペティション部門」、10月19日からイギリスで開催される第2回ロンドン・イーストアジア映画祭「コンペティション部門」にそれぞれ正式出品されることがわかった。

 ・セクシーだけじゃない! 斎藤工の魅力を改めて解説

 本作は、本年度のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞(作品賞)」を受賞。6月に開催された第20回上海国際映画祭「アジア新人賞部門」では、日本人俳優として初めて最優秀監督賞を受賞している。

 今回、コンペ部門への出品が決まったバリ国際映画祭は、2007年にスタートし今年で11回目を迎える国際映画祭。コンペ部門には本作のほか、アメリカ、イギリス、ハンガリーなど、世界中から厳選された21作品が選出されている。また、バリ国際映画祭、ロンドン・イーストアジア映画祭ともにコンペ部門への選出は日本では『blank13』が唯一となっている。

 さらに、9月15日から開催される第10回したまちコメディ映画祭in台東では、9月16日のオープニング・特別招待作品として本作の上映も決定しており、高橋一生、神野三鈴、金子ノブアキ、齊藤工監督がオープニングセレモニーと舞台挨拶への登壇を予定している。

 『blank13』は2018年2月3日よりシネマート新宿にて限定公開される。

 【関連記事】

 斎藤工の長編監督デビュー作『blank13』が上海国際映画祭に参加決定
大河『直虎』出番終えた高橋一生主演、斎藤工監督作がウラジオストク映画祭に正式出品
[動画]斎藤工、桐谷美玲の頭ポンポン/ワイモバイル新CM発表会
不遇の時代が斎藤工の魅力を倍増!? 映画少年のような無邪気さも印象的

関連キーワード斎藤工ゆうばり国際ファンタスティック映画祭高橋一生blank13上海国際映画祭したまちコメディ映画祭in台東

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース