【株式評論家の視点】レントラックスは7月度売上高13.1%増と好調、900円割れで下値を固める動き

2017年9月14日 09:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 レントラックス<6045>(東マ)は、WEBコンサルティング事業(SEO、SEM、集客サイト構築、Web制作、広告代理)、アフィリエイトサービスプロバイダー事業(スーパーアフィリエイターのクローズドASP PC モバイル)、インターネットメディア事業(各種Webサイトの企画・制作・運営)を行っている。

 今2018年3月期第1四半期は、主力の成果報酬型広告サービス事業において、金融案件及び自動車買取案件の広告主への注力に加え、引越、エステ、転職求人、士業、不動産関連などの各ジャンルにおける広告主、その他の新規分野の広告主に対して営業の強化を図り、また広告掲載媒体運営者に対して、より一層の連携強化に努めており、成果報酬獲得件数の増加が続いている。本年3月に株式会社GROWTH POWERを設立し、中古建設機械等の売買マッチングサイトの運営事業(販売仲介事業)を開始し、5月にタイ(バンコク)、インドネシア(ジャカルタ)、中国(大連)に子会社を設立し、既存事業の拡充を図るとともに、インドネシアにおいてはECサイトの運営事業も開始している。

 今18年3月期第1四半期業績実績は、売上高20億6100万円(前年同期比9.1%増)、営業利益1億0200万円(同23.7%減)、経常利益1億0200万円(同23.7%減)、純利益6700万円(同22.2%減)に着地。新規子会社の起ち上げに伴い、販管費等が増加したため減益となった。

 今18年3月期業績予想は、売上高90億6700万円(前期比19.5%増)、営業利益6億2500万円(同12.3%増)、経常利益6億2500万円(同12.3%増)、純利益3億9700万円(同12.3%増)と連続最高益更新を見込む。年間配当は、期末一括7円(同1円増)の増配を予定している。

 株価は、2月13日につけた年初来の安値676円から6月12日に年初来高値1456円と上昇。その後は25日移動平均線を上値に9月6日安値840円と調整した後、下値圏でモミ合っている。8月21日に発表済みの7月の月次売上高は6億1500万円(前年同月比13.1%増)と好調。成果報酬型広告サービス「レントラックス(Rentracks)」に登録したパートナーサイト運営者は前月に比べ523名増加し、2万1955名と順調に伸びている。目先は900円割れで下値を固める動きだが、売上は好調に推移しており、日柄調整が進めば上値を試す展開が期待されそうだ。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ホットランドは1Q好決算を手掛かりに通期12月期業績の上ぶれ期待を高めて続伸(2017/06/02)
【株式評論家の視点】LITALICOは18年3月期は新規開設30拠点を計画、今期2ケタ増収増益の続伸見込む(2017/06/12)
【編集長の視点】三栄建築設計は連続の最高業績・増配を再評価し超割安株買いが拡大して続伸(2017/06/05)
【小倉正男の経済コラム】ふるさと納税規制にみる中央集権再強化(2017/06/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告