中国、世界最大規模の電気自動車向け充電ステーションを整備

2017年9月14日 07:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国では167,000台の電気自動車向けの充電ステーションが稼動しているという。これは世界最大規模だそうだ(24/7 Wall Street人民網Slashdot)。

 現在、中国の自動車産業は日米欧に遅れを取っている。そのため、電気自動車での巻き返しを目指しているようだ。また、中国内での原油消費量が増えていることも電気自動車推進の背景にあるという(WEDGEBBC)。

 この充電ステーションは中国のState Grid Corporation(SGCC)のプラットフォームで管理されており、決済も同社のシステムを使用する。SGCCは16の行政区と121都市をカバーする高速充電網を持ち、現在のステーション間の平均距離は50キロメートル未満だという。2020年までにさらに12万か所の充電ステーションを増設。202の主要都市をカバーする計画だそうだ。

 充電ステーション間の最大距離は郊外で5キロメートル未満、北京のような都市の郊外では3キロメートル未満、都市部では1キロメートル未満を目指しているという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
日産、電気自動車「リーフ」の新モデルを発表 2017年09月07日
マツダとトヨタ自動車が資本・業務提携 2017年08月07日
トヨタが2022年に全固体電池を採用した電気自動車を発売するとの報道 2017年07月27日
2016年の電気自動車/ハイブリッド車の世界販売台数は前年比60%増。中国が牽引 2017年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車中国原油

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース