筑波大学発「4th cluster」のスマホ向けRPGが東京ゲームショウに出展

2017年9月13日 21:29

小

中

大

印刷

スマートフォン向けRPGゲーム「StarMined」のスクリーンショット(4th clusterの発表資料より)

スマートフォン向けRPGゲーム「StarMined」のスクリーンショット(4th clusterの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「StarMined」のスクリーンショット
  • 「StarMined」のスクリーンショット

 4th clusterは13日、東京ゲームショウ2017(9月21日~24日)に正式出展することを発表した。同社が開発するスマートフォン向けRPGゲーム「StarMined」の説明展示のほか、最新β版にて冒頭のシナリオを実際にプレイすることが可能。

【こちらも】ラブライブ!、バンドリ!、けもフレなど『東京ゲームショウ2017』に出展決定

 4th clusterは筑波大学卒業生と在学生の有志による同人ゲーム制作サークルを原点とし、企画・立案やキャラクター原画を担当する、飯田ぽち。氏の「筑波大生で同人ゲームを作ろう」との呼びかけに答え発足した。現在は、茨城県つくば市に本社を置き「合同会社4th cluster」としてゲーム開発を中心に活動している。

 東京ゲームショウ2017に出展される新作RPGゲーム「StarMined」は、遠い未来の宇宙が舞台となる。惑星「ウェイステッド・ブリッジヘッド」に取り残された主人公は、様々な謎を解き明かしながら、地球への帰還を目指す。今作では、今までのスマートフォンゲームではあまり重要視されていなかった「探索のワクワク感」を追い求め製作されている。

 ゲームのメインとなるのはダンジョンの探索。地球への帰還を目指し、宇宙船のパーツはもちろん、武器や道具の素材集めながらダンジョンの奥へ奥へと進んで行く。ダンジョン探索システムも、スマートフォン向けに一から開発。また、戦闘では武器の組合せが非常に重要となり、戦略的なバトルが期待できる。

 当初、2017年初頭にリリースを予定していたが「より楽しい作品を。」との思いからリリースが延期されていた。対応OSはiOS及びAndroid、基本料無料(課金要素あり)で2017年末のリリースを目指している。

 なお、東京ゲームショウ会期後にはiOS TestFlightを利用した、クローズドβテストの開始も同時に発表されている。申し込み方法は25日以降に同社公式ウェブサイトにて発表予定となっている。

関連キーワードiOSAndroid東京ゲームショウ筑波大学

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース